【最近気になる情報・意見】農政無策

トウモロコシを中心に主要穀物価格が高騰し、穀物禁輸の国も現れる昨今の状況。
原油価格の上昇も加わり、食品価格の値上げがじわじわと続いています。
このような中で、テレビをつけると経済評論家やタレントが「どうして何年も食料自給率が上げられないの・・・・これぞ農政無策」「生乳を捨てたこともありましたよね。行政は何をしているのでしょうか」 「小麦や大豆を日本で作れるようにしないと・・・農水は今まで何をやってきたの?」などなど農政批判が目白押しです。日本で食料自給率がなかなか上がらな い原因、生乳を捨てなければならなくなった経緯、小麦や大豆が輸入物に席巻されている原因等々ほとんど何も説明されず、それら問題のすべての原因を農政の 無策・無能にあるとの印象付けを行なっています。

皆さんの言われるように、本当にこれまでの農政が無策であったため、このような状況になったのでしょうか
関税で国際競争から守りつつ、国内対策で品質の向上と生産コストの低減を図る。
行政と生産者を含む農業関係者とが議論を戦わせつつ、その時々の財政状況や需給状況などを見ながら、最善の策としての施策を打ち出してきた現状。本当に「無策」だったらもっと醜い状況になっていたのではないでしょうか。
当然、行政や農業関係者の反省もあるとは思いますが、これまでの努力を「無策」という一言で断じるテレビの出演者は、少し言葉が過ぎる気がします。彼ら は、それほどの農政通なのでしょうか。先人の努力や行政・農業関係者のトライ&エラーをどこまで理解した上での発言なんでしょうか

最近、すべての人が評論家になり、深く考えもせず、勉強もせずいろいろな事を発言・断言し、誰彼ともなく傷つけることが多くなっていませんか
「食料自給率が上がらない」「農政無策」と言っている人たちは、米など自給率が高い食品を食べる努力をしているのでしょうか
農業や農村を非生産的とか言って見下したことはないでしょうか
食料確保が国家の安定にどれだけ大きな意味をもつか考えたことがありますか

日本のような限られた国土の中で、すべての食料を賄うのは困難です。
国際競争に耐えられない作物も多くあります。需給調整が難しい作物も多くあります。
日本の気候では、生産が困難な作物も多くあります。
農業は人間の生活にとって一番大事なものであるにも拘らず、日本は経済大国になったばかりに、これを軽視してきた。農業関係者のみがその大切さを訴えてきたにもかかわらず、いざ食料危機が見えてきた途端に国民が一斉に農政無策を訴える。

この機会に、多くの国民が食料問題について議論し、関心を持ち、少しでも食料自給率が向上し、生乳を捨てることのない社会が実現することを祈ります。

 

(畜産技術2008・9月号:(社)畜産技術協会発行)