豚肉で夏バテ解消・・・

P1020466_small.JPG

                  千葉県産豚肉ロース(しゃぶしゃぶ用)

 人間の夏バテ対策として、ビタミンB1を多く含む豚肉を食べるとよいということは有名ですが、それをもっと効果的にする食べ合わせがあるそうです。まず、なぜ夏バテになるかと言うと、体内に摂取された炭水化物は、ブドウ糖に分解されて肝臓へと向かい、さらにそのぶどう糖は、肝臓で「ビタミンB1」の働きによってエネルギーとなり消費されます。

 ところがビタミンB1が不足するとブドウ糖はエネルギーに変わらず、疲労物質である乳酸になり、夏バテを起こさせます。

 ビタミンB1は、汗や尿から排出されてしまい、暑さによるストレスが多いと余計に使われてしまうので、夏場は乳酸が溜まりやすくなり、夏バテになってしまうのです。ブタミンB1は、一定量以上は体に吸収されにくい特徴があります。

 これを吸収しやすくし、体内に長く留める働きがあるのが「アリシン」(臭いの成分)で、ニンニクやネギ、ニラ等に多く含まれます。また、乳酸の排出を促すのが「クエン酸」で梅干しや酢、柑橘類などに含まれます

 というわけで、「豚肉」と「アリシン」、「クエン酸」が豊富な食材を組合わせれば、夏バテ解消メューになるわけです。

 例えば、冷シャブにネギをたっぷりかけて、おろしニンニクと酢醤油で頂いたり、豚肉とニラを梅干しと一緒に炒めたり、体が自然に求めるような食べ合わせで、色々なアレンジができそうです。

  ビタミンB1は、喫煙や飲酒により失われやすいのでが、この夏バテ解消メニューは、お酒のつまみにもピッタリです。タバコを吸う人や疲れやすい人、肩こりや腰痛のある人にも是非勧めてみて下さい。

 

    夏の疲れがたまる季節です。

      睡眠とバランスの良い食生活で体調管理に努めましょう ! !